最新登録店舗

カテゴリ:


訪問介護サービスには、日常生活において行う動作介護、身辺介護、生活介護を行う「身体介護」と日常生活を送る上で必要不可欠な家事について、利用者本人が一人ではできない部分を支援する「生活援助」があります。具体的には以下のようなことです。

○身体介護サービス

・食事、水分補給の介助

・衣類の着脱介助

・入浴介助

・排泄介助

・洗面介助

・体位変換

・通院の介助

・歩行介助など

○生活援助サービス

・一般的な調理

・衣類の整理

・買い物や薬の受け取り

・掃除、洗濯

・ベッドメイクなど

訪問介護の個人負担額の目安は以下の通りです。

・身体介護~30分まで254円、30~60分で402円、60~90分で584円、以後30分後とに83円を加算(要介護1~5の場合)

・生活援助~30~60分で229円、60~90分で291円、

・通院等乗降介助~片道1回100円

なお、緊急訪問など、特別な場合に個人負担額が加算されることがあります。
訪問介護とは、介護福祉士やホームヘルパーが介護が必要な人の自宅を訪問して、自立した日常生活を送れるように支援するサービス。

介護保険利用の場合は、介護支援専門員が作成するケアプランに基づいて行ってもらいます。個人で負担する額は料金の1割ですが、要介護度別の上限額を超えた分は全額自己負担となるので、ケアプランを作成する際にはよく確認すること。

訪問介護を受けるには、介護保険の認定を受けている利用者がケアマネージャー(介護支援専門員)に相談、申込みをします。その後、利用者の希望や状況を把握するため、事業所の担当員が利用者宅を訪問。ケアマネージャーが最適と思われるサービス計画書を作成し、利用者・家族などでプランについて検討・調整します。ケアプランをもとに重要事項の説明などがあり契約、訪問介護サービスが開始されます。

訪問介護は、高齢化社会の進行に伴ってますます需要が高まってきているのが現状です。
fukusisi14.jpg

いま人気の介護福祉士試験を14日間で、しかも、たった一冊の問題集だけで合格できるノウハウがあるんです。

何冊も問題集と参考書を買って合格できなかった人からすれば、信じられないかもしれませんね。

長短期間の勉強方法で合格率が90%の「介護福祉士らくらく合格勉強法」を紹介します。

凡人の凡人による凡人のための勉強法ですから、気張らなくても大丈夫です。

勉強が長続きしない人でも、参考書を開いた途端に眠くなる人でも問題ないです!この勉強法の特徴は、出題頻度の高い問題に的を絞っている点、記憶のメカニズムに沿って無駄なく記憶を定着させる点です。

この2点を持ってすれば、4600ページ以上もある介護福祉士受験用の基本テキストをひらなくても合格できます。

その代わり満点は狙いません。

合格に必要な最低点を狙います。

介護福祉士らくらく合格勉強法の実践者の声

fukusisibenkyo.jpgのサムネール画像

実践者の声に耳を傾けて見ましょう。

「この勉強法を実践して気持ちがすごく楽になりました。

市販の書籍よりも簡潔で実にわかりやすい。

すんなり頭に入ってきます。

この勉強法を持ってすれば、他の資格試験にも通用すると思います。」「記憶力アップ方法、スケジューリング方法、モチベーション管理、そして運を味方にする方法まで書いてありました(笑)」具体的かつ的を射たアドバイスがたっぷり収録しているので、心強いテキストだと言うコメントが多数寄せられていました。

たった1冊の問題集を使って14日間で介護福祉士に合格する方法
>>> 介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~